HOME>注目記事>割高となる購入費用の負担を軽減する各種制度
車いす

日々の負担の軽減が大きな利用価値です

怪我や病気や高齢化の影響で、車の運転や乗り降りが不自由な場合に利用されるのが福祉車両ですが、知っておいたほうが良いメリットが幾つかあります。福祉車両と言うと介護施設の車椅子ごと搭載できるタイプの物をイメージする方が少なくないと考えられますが、一般車両に近く運転や乗り降りに配慮されたタイプもあります。福祉車両には、介護施設や家族が介護が必要な人を乗せ運転する介護式と、体が不自由な人が自分で運転する自操式があります。いずれのタイプも福祉機器を搭載する事もあり一般車両と比べ割高ですが、助成金の対象となったり減税や免税対象となったりするのがメリットと言えます。しかし福祉車両を利用する一番のメリットは、本人やサポートする側の日々日常積み重なっていく、身体的な負担などを軽減する事が出来る点が非常に大きいと言えます。

購入前に知っておいたほうが良い知識

福祉車両を購入する場合予算の相場としては、軽自動車で車椅子での乗り降りに特化したタイプだと150~200万円程度、コンパクトカーなら250万円程度となります。一般車両と比べて割高な福祉車両を購入する場合に事前に知っておくべき予備知識が幾つかあります。車椅子を固定する装置などの条件を満たした福祉車両は、車両本体の消費税が非課税となります。また、福祉車両の構造や使用対象となる方の障害者手帳の等級や、社会福祉法人が所有者となる場合などは、自動車税や自動車所得税が減免対象となります。減免を受ける場合には、車両のタイプによって市町村の税務課や福祉課、都道府県税事務所や福祉事務所に申請が必要となりますので、相談すると良いでしょうす。福祉事務所や社会福祉協議会で、福祉車両の購入費用の貸付助成制度を設けているので、購入費用に悩んでいる方は相談してみると良いでしょう。

広告募集中