介護系の車両の仕組みやサービスを知ろう

介護車

福祉車両という言葉を知っていますか。その言葉だけではなかなかイメージすることができないかもしれませんが、仕組みやサービスの内容をしっかり把握しておくと、もっと快適に生活を送ることができるのは間違いなしです。福祉車両というのは、普通の車両と比較すると、車いすやストレッチャーのまま乗ることができるように改造してあるもののことです。このような車両を持っているのは、病院、介護施設、タクシー会社、介護サービス会社などです。病院や介護施設では、そこを利用する人の送迎に使うことがほとんどです。では病院や介護施設を利用しない人は、どのように福祉車両を使うことができるのでしょうか。それは個人的に介護タクシーを手配してくれるタクシー会社に予約をすること。また介護タクシーで送迎専門にしている事業所に依頼することでサービスを受けることができます。基本的にサービスは、車いすまたはストレッチャーのまま移動できるように安全に車に乗せ、目的地までの送迎をすることです。

目的は人それぞれ、上手に使って快適移動

車椅子の模型

福祉車両を利用する目的は、人それぞれです。例えば、受診したい病院に送迎サービスがない場合、自分で何とか病院までいかなくてはいけませんね。そのような場合、福祉車両を予約すれば自分で病院に行くこともできるようになります。また普段はあまり家から出ることがない寝たきりのような人でも、検査のための受診などが必要な時もあります。このような場合、救急車を使用するような対象でない時には、福祉車両を利用することが原則です。検査などの場合は、事前に予約して病院に行く日がわかっているので、もしも寝たきりで介護度が高い場合でも利用しやすいでしょう。また自分の余暇の場合に利用することもできます。福祉車両を扱いタクシー会社などは、目的はなんでもいいのです。病院の受診という目的で利用されることも少なくありませんが、自分の余暇のため、家族のリフレッシュのためにレストランまで行ってみる、公園まで行ってみるなどの外出目的で利用することもできるのです。それが福祉車両を持つタクシー会社の強みでもあるのです。お客様の要望に応えて目的地まで送迎する。それができるのはやはり民間でしょう。ただし送迎の場合は、目的地で少し待ち時間が発生しますね。そのため移動時間、待ち時間、目的地までの距離で利用する費用が決まって車です。あらかじめ利用時間と目的地を伝えて、見積もりを取ってからタクシー会社の利用を考えることもできます。

広告募集中